BLOG

毛細血管が増えると

前回は「毛細血管が増えるとどうなるか」でしたね。

ウォーキングをすると血流が良くなる。それは毛細血管が増える。
もう少し有酸素運動について深堀しましょう。

有酸素運動は酸素を筋肉に送り、その酸素を使って糖や脂肪からATPと言われるエネルギーを作ります。
このエネルギーを使うことにより身体を動かし、酸素を使いエネルギーを作り身体を動かしを繰り返すことにより
長時間の運動を可能にしているんです。
有酸素運動はいかに効率よく酸素を筋肉に送れるかで
エネルギーの共有量が変わってきます。

そして、筋肉の隅々にまで血液の酸素を送るのが「毛細血管」です
つまりは、筋肉に隅々まで送る輸送網が出来ると効率よくエネルギーを作れるため
疲れにくい身体が出来るのです。
そのため、「少しきつい」ぐらいの息が切れない程度の運動を1~2週間してあげるだけで毛細血管は
運動しない人に比べ2倍近くまで増えるんです。
運動して初めは辛いけど、回数を重ねる度に
「体が軽くなる」
「疲れにくくなった」
などの現象が起こります。
このときに、「ああ、毛細血管が増えてきてますな~」と感じてみて下さい(笑)

このほかにも、毛細血管が増えることによる恩恵があります!!
末梢にまで血液がグッと増えることにより、肌のツヤが良くなったり、冷えやむくみが解消してきたりといった効果も期待できます。
また、酸素供給量が増えると心肺機能が高まるため、呼吸が楽になり階段を駆け足で上がっても息切れすることがなくなるかもしれません。
さらに、動脈が柔らかくなります。

動脈??なにそれ??
動脈とは心臓から送り出されるきれーな鮮血を身体の隅々まで送ってくれる血管。全ての細胞に酸素を渡したら今度は静脈という血管から心臓に戻ってきて肺に流れ酸素を取り込み、また心臓から動脈を使い全身に酸素を送ります。

この動脈を柔らかくしておくと「動脈硬化」を防ぐことができるのです。

ウォーキング素晴らしい!!
セットメニューで筋トレ(筋肉に負荷)をしてあげると、将来寝たっきりになるリスクはかなり抑えられると思います。

ウォーキングをする目的を知っててやるのと、何となくやるのでは気持ちの入り方が少しは違うかな??
と思い2回に分け書きました。雪も溶けこれから頑張る!!という方!!
ケガだけは気をつけて下さいねm(_ _)m

ウォーキングも筋トレも時間がなくてできない…。
そういう方の為に「楽トレ」オススメです\(^o^)/

 

 

 

The following two tabs change content below.
shishido

shishido

整骨院 いやし 院長 好きなタイプ:奥さん
shishido

最新記事 by shishido (全て見る)